中古住宅

築30年の中古物件を購入しようと言い出したのは夫だった。私は真新しい新築の一戸建てに憧れていたのだけど、彼は今流行りの古民家カフェみたいに、中古物件をリノベーションしてみたいそうだ。ていうかあなた、サラリーマンでしょ?と突っ込むと、定年後にコーヒーショップを開いて、気の合う仲間をそこに集めたい、と言い出した。定年後ってあと20年以上あるのに…新築物件を購入したって、夫が定年退職をする頃には絶対にその家だってくたびれているはずなのに…。ただ夫は一度言い出したら聞かない一人っ子である。夢の新築一戸建て住宅はいとも簡単に羽根をつけて飛んで行ったのだった。

でもよく調べてみたら、中古物件であってもリノベーション次第で新築同然になるとのこと。しかも新築では手に入れられないくらい広い物件が多いそうだ。再び夢を見出した私は夫と二人あちこち物件を見て回り、ようやく今住んでいる物件に辿り着いたのである。

築30年ともなるとあちこちかなりガタが来ているものだ。

詳しくはこちらの記事へ
→ シロアリを撃退!害虫駆除の流れとは

日本の住宅の寿命は30年と言われていた頃に建てられたものなので、正直眉をしかめてしまうくらい傷んでいる箇所もある。大工さんに入ってもらい、何とかちゃんと住める状態にしてもらったのだが…。

予想外だったのが、害虫の多さだった。ゴキブリから蜘蛛を始め、ありとあらゆる虫に出くわした。古いのは耐えられる。でも私は虫が大嫌いなので、その虫の多さに辟易としてしまった。しかも中古物件にしたいと言っていた夫までもが、あまりの虫の多さに「やっぱり新しい家にすればよかったなあ」とポツリと呟き始めたではないか!

あまりの苦痛さにうつになりそうだったので、私たちは業者を呼んで害虫駆除をしてもらった。するとそれからというもの、殆ど虫が出て来なくなったのである。

中古住宅を買えばまず害虫駆除をしておこう。これから中古物件を購入する人がいたら、そう教えてあげたい。